東京オリンピック2020エンブレム問題のターニングポイントは?

まだ確定的な情報はないようだが、東京都から佐野研二郎および博報堂に200億円が支払われるという話が出てきている。

いままでは具体的な金額の話がなく、単に盗作ではないかという疑惑だけだった。しかしこれだけの金額が税金から支払われるとなると、都のほうから納税者への説明責任がクローズアップされるだろう。舛添都知事も動かざるを得なくなるのではないかと私は期待する。

期待としては選考過程にメスが入ってほしい。しかし競技場問題でも踏み込んだ話には一切発展していないので、残念ながらそうならないかもしれないと予感はしている。

Update

そうかも知れないなと最初っから思っていたのだが、やはり200億は誤報だったようだ。

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out /  Change )

Google photo

You are commenting using your Google account. Log Out /  Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out /  Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out /  Change )

Connecting to %s